CHECK

タイヤは車の消耗品の一つ!タイヤ交換におけるお役立ち情報を分かりやすく紹介

こちらのサイトでは、タイヤ交換に関する情報を取り扱っています。
タイヤの交換をするタイミングや目安、どのくらいの年数を持たせることができるのかといった情報を知ることができます。
これまで交換したことがなかった人も、知識を得るために閲覧するのがおすすめです。
タイミング等を理解することができれば安全にも寄与するでしょう。

タイヤは車の消耗品の一つ!タイヤ交換におけるお役立ち情報を分かりやすく紹介

タイヤは車の消耗品であるため、定期的に交換する必要があります。
タイヤが消耗するのは、走行中常に地面に接して摩擦により削れて行くからです。
滑りにくいように溝が付いていますが、タイヤが削れて行くとその溝が減っていくのでグリップ力がなくなってしまいます。
それは事故の原因となるので、溝が減ってきたら交換する必要があります。
タイヤ交換は自分でやるのは大変なので、タイヤ交換をやっているお店に依頼するのがおすすめです。

タイヤ交換はタイヤの寿命が訪れたときに行う作業

タイヤ交換は目に見える破損だけでなく、寿命が訪れたときに行われる作業のイメージが強いのではないでしょうか。
タイヤ交換の判断基準は様々ですが、寿命の判断に用いられるのは溝で、すり減り具合を見てまだ使えるかどうかが決まります。
すり減りが激しいものはブレーキの利きが悪くなり、突然の飛び出しなどに対応する急ブレーキが利かない恐れがあります。
その為、ブレーキによる減速が間に合わず事故を起こして責任が追及される前に、早めのタイヤ交換を判断するのが望ましいといえます。
自分で判断をする自信がない場合は、お店に持ち込んでスタッフに見てもらうのが無難ですが、車用品店としては商品を買ってもらいたいので、実際よりも早めにタイヤ交換を勧めるものと思われます。
いずれにしても、先送りにして取り返しがつかなくなるよりは多少早めで勿体ないとしても、忘れる前に作業を済ませて安心を得る方が断然良い選択だといえるのではないでしょうか。

タイヤの寿命が短くなる原因を知ればタイヤ交換の頻度も少なくなる

タイヤの寿命が短くなる原因を知ればタイヤ交換の頻度も少なくなるので、ひとつのタイヤをなるべく長持ちさせたい場合はタイヤのことを考えた運転やメンテナンスが重要です。
当然ですがタイヤがスリップするような急ハンドルや急ブレーキはタイヤの寿命を縮める行為になります。
意外と知らない人も多いですが、車を停止させた状態で何度も切り返しを行う行為も磨耗を加速させてしまう恐れがあるので要注意です。
タイヤはゴムで出来ているので、気温の変化に弱い一面もあります。
寒暖差の激しい地域と寒暖差がない地域では、寒暖差がない地域の方が圧倒的に長持ちします。
タイヤ交換の頻度を減らすためには定期的なメンテナンスを行い、長持ちさせる工夫が必要になります。
タイヤを保管する時は直射日光が当たる場所は避けて、雨や風を避けられる場所がおすすめです。
気温差も少ない方が良いので、倉庫などに入れておくのが良いです。
メンテナンスはタイヤ艶出しワックスなどを塗ればOKです。

タイヤの位置交換はタイヤ交換の頻度を減らす効果もある

タイヤ交換をする時に、位置交換をするのはタイヤそのものの交換頻度を減らす効果もあるので極力行うようにしましょう。
タイヤの減りは均等なものではなく、負荷がかかっている場所ほど早くすり減ってしまいます。
それだけでなく右側と左側では削れる側が変わってくるので、位置を変えなければ片減りしてしまうことになります。
そうなると、反対側のゴムは残っているのに反対側が削れてしまったがために、タイヤの寿命が来てしまうのです。
ローテーションさせれば、全てのタイヤが均等に減ることになりますから、その分だけ長く使うことができるようになるというわけです。
また、4WDのように全てのタイヤが同じサイズであることが求められる場合、一本だけ寿命が来た時に一本だけ交換するということができません。
残り三本は十分に使える状態であっても、たった一本駄目になっただけで全て買い換えなければならなくなってしまいます。
そのため、タイヤ交換は位置交換もセットで行うことで頻度を減らすことができるのです。

タイヤ交換の目安は製造から4~5年で製造年はタイヤの側面に4桁の数字で表記

タイヤ交換はタイヤの溝の状況や走行する環境によっても差が出ますが、一般的に走行距離としては約3万キロから4万キロタイヤの製造から約4年から5年が目安と言われています。
タイヤの溝が浅くなるとグリップ力が弱まりスリップの危険性が増す為、交換が必要となりますが溝が残った状態でもタイヤのゴム自体の劣化が進んでいたりタイヤの表面にひび割れや傷がある場合には早期の交換が必要です。
タイヤの製造から約4年から5年が交換の目安としたのは新品タイヤであっても、ゴムの劣化は日々進み製造からの経年で判断することが重要です。
タイヤの情報はタイヤに刻印されていて、タイヤが製造された年週を確認することが出来ます。
タイヤに刻印されている片面4桁の数字で製造年月日が分かり、上2桁がタイヤの製造された週目で下2桁が製造西暦です。
タイヤ交換は今のタイヤの状態を正確に見極め、製造されてからどれくらい経過しているのかを確認した上で適切なタイミングで行うことが重要です。

タイヤ交換で余ったホイールは現金化も可能

タイヤ交換をする際には、ホイールも一緒に交換することがあります。劣化による場合も有ればデザインに合わせて購入したために今まで使っていたものが不要になるということもありますので、ケースバイケースです。
どちらにしても不要になった場合は、買い取り可能になる可能性もあり其場合は現金化出来ます。
タイヤ交換をしている所は、大手のショップの場合も有れば個人店もありますので、どちらかにもよります。
大手の場合は買取をしているとうたわれている所であれば、その場ですぐに見積もりをしてもらうことが出来ます。個人店の場合はあらかじめ見積もりを出して下さいという事で話をしておけば、そこでいくらかを出してもらうことが出来るでしょう。
ホイールは純正品やそうでないものでも需要がありますし金属という事での買取をしている所も有るので、そのまま何も知らずに捨てたりすることなく買取を依頼するようにすると現金化出来ますのでおすすめです。

タイヤの空気圧調整を小まめに行えばタイヤの寿命が延びてタイヤ交換の頻度も減る

自動車は多くの部品でできていますが、特にタイヤは大切な部品です。タイヤが傷んでくるとタイヤ交換も必要になりますが、すべて交換するとなるとそれなりの出費になります。
そして、傷んだタイヤのままで走行することはリスクも伴いますので、できるだけ長持ちさせる工夫もしておきたいものです。
タイヤの空気圧は見た目や体感ではわかりにくいものもありますが、走行しているうちに少しずつ空気は減っていきます。
空気圧が減ると設置面がつぶれ、両端に負担がかかるようになります。そうなるとタイヤも早く摩耗しますし、操縦安定性も落ち、破裂してしまうケースもあります。
こうならないためにも、空気圧調整はこまめに行うことが大切です。空気圧は高すぎても良くありませんので、それぞれの車に応じた適正な空気圧に調整しましょう。
自分で調整や点検が難しい場合は、プロの点検を利用することもおすすめです。こまめに空気圧調整をすることで、タイヤ交換頻度も減りますし、安定した走行ができるようになります。

タイヤ交換はパンクしたときにも必要になるのでやり方をマスターしておこう

タイヤ交換はパンクをした時に必要となるため、やり方をマスターしておくといざという時に役に立ちます。
手順としては、まずできるだけ平らな場所に車を移動させます。 作業中にジャッキが倒れては危険なため、それを避けるために平らな場所で作業をするのが重要です。
輪留めも合わせて行うとより安全性を高めることができます。 次に交換するタイヤのナットを緩めておきます。
タイヤを浮かせた後だとタイヤが動いてしまって、外しにくいので先に緩めておくことが大事です。
軽く緩めたらジャッキアップすることになりますが、ジャッキをかける位置に注意しましょう。
十分な高さが確保できたら、タイヤを取り外す前にスペアを車体の下に入れておくとジャッキが倒れたときの保険になります。
同じように車体からタイヤを取り外したらそれを車体の下に入れて、スペアタイヤを取り付け対角線上にナットを締めていきます。
ジャッキをおろしもう一度ナットが締まっているかを確認したらタイヤ交換は終了です。

タイヤ交換に必要な工具は車に搭載されているものだけで済む?

タイヤ交換に必要な工具は車載されているもので問題ないかということですが、できないことはありません。
文字通り必要最低限のものは揃っていますから、緊急時のタイヤ交換には車載のものがあれば十分です。
ただし、安全快適に作業をするにはこれだけでは不十分だと言えるでしょう。
より安全を確保するためにはウマも欲しいところですし、ナットを楽に緩めるためにインパクトレンチがあると楽になります。
インパクトレンチほどでなくても、車載のL字のものではなく十字のものがあるだけで作業のしやすさは段違いに変わってくるので、レンチぐらいは別のものに変えたいところです。
タイヤ交換に限った話ではありませんが、作業をより楽に品質を向上させたいのであれば、道具を揃えることが重要になってきます。
タイヤ交換は滅多に行うものではなく、車載のもので十分と考えるのであればそれだけで良いですし、頻繁に行うのであれば、それなりのものを揃えたほうが良いでしょう。

タイヤ交換の際に利用するジャッキアップポイントとは?

タイヤ交換の際にはジャッキアップポイントが重要ですが、これは専用の工具でクルマを持ち上げるための定点のことです。
車両底面であればどこであっても工具を設置してクルマを持ち上げて良いわけでは決してないことを、しっかりと認識しておいて下さい。
タイヤ交換の際にクルマを持ち上げると、言うまでもなくそのポイントには大きな重量がかかります。
ごく狭いポイントに大きな重さがかかるのですから、それなりにしっかりとした構造にしておかないと車両が変形するとか工具が外れるなどの事故につながりかねません。
一方で車両底面の全ての箇所を構造的に強固なものにするのはコスト面でも不利になりますし、当然重さその他の面でも非効率です。
このような理由から、特定のポイントのみを指定してあり、これをジャッキアップポイントと呼んでいます。
普通のクルマではタイヤ近くに合計4カ所用意されていますので、予め取扱説明書などでチェックしておきましょう。

タイヤ交換に関する情報サイト
タイヤ交換におけるお役立ち情報

こちらのサイトでは、タイヤ交換に関する情報を取り扱っています。タイヤの交換をするタイミングや目安、どのくらいの年数を持たせることができるのかといった情報を知ることができます。これまで交換したことがなかった人も、知識を得るために閲覧するのがおすすめです。タイミング等を理解することができれば安全にも寄与するでしょう。

Search